善玉菌 育てる 洗顔

顔の善玉菌って知ってますか?

■お肌の善玉菌について

 

『善玉菌』という言葉を聞くと、腸の善玉菌を思い浮かべる人が多いと思いますが、美肌になるためにも、この善玉菌というのは、重要になってきます。

 

腸内常在菌とされるビフィズス菌とは、全く別のものとなりますが、お肌に悪い影響を与えてしまうものを悪玉菌、良い影響を与えるものを、善玉菌として定義し、美肌を考えている人に知られています。

 

善玉菌を育てる天然成分洗顔石鹸はコチラ

 

■顔の皮膚にある善玉菌と悪玉菌とは?

 

ビフィズス菌とは全く異なるものということで紹介させて頂きましたが、具体的には、どのような菌があれば良く、どのような菌があると悪いのでしょうか?

 

肌トラブルのある人の皮膚には、黄色ブドウ球菌などの悪玉菌が多くあります。逆に、弱酸性の健康的な美肌である人には、表皮ブドウ球菌と呼ばれる、善玉菌が多くあると言われています。

 

つまり、この表皮ブドウ球菌という善玉菌を育てれば育てるほど、健康的な良いお肌となり、アンチエイジング効果を得ることが出来ます。

 

・表皮ブドウ球菌を育てて増やすことで得られるメリット

 

1.皮脂、汗など不要なものを栄養として取り、バリア機能を高めてくれる
2.紫外線、ばい菌などの外的刺激より、お肌を守ってくれる
3.グリセリンの生成をするはたらきにより、お肌内部より潤うようになる

 

・黄色ブドウ球菌が育ってしまうことで起こるデメリット

 

1.お肌の乾燥を引き起こし、潤いが不足しがちになる
2.乾燥により、皮脂の分泌が過剰になりやすい
3.マラセチア菌、アクネ菌なども悪玉菌であるため、ニキビの原因となる

 

■善玉菌を育てるには、正しい洗顔が重要

 

朝、夜の1日2回の洗顔、皮脂を落とし過ぎない事、優しく洗うことなど、正しい洗顔を続けることで、善玉菌である、表皮ブドウ球菌を育てることが出来ます。

 

尚、洗顔料は固形石鹸を選ぶようにしてください。こうすることで、余分な汚れのみを落とし、皮脂を落とし過ぎない洗顔が出来ます。

 

本サイトでは、以下のページで肌に優しく善玉菌を育てる洗顔石鹸をご紹介していますので、よかったら参考にしてみてください。

 

善玉菌を育てる|肌に良い洗顔石鹸はコチラ