自然成分 石鹸

自然成分の石鹸ってやっぱりお肌に優しい

アトピー肌にも使える自然成分で出来た石鹸が人気です。界面活性剤など、お肌に悪いとされる化学成分が含まれていない洗顔は、お肌の敏感なアトピー体質の方にも向いています。

 

 

では、具体的に界面活性剤はどのような点がお肌に悪いと、
言われているのでしょうか?

 

 

■界面活性剤を含んだ洗顔料は何故、良くないのか?

 

私たちのお肌にある皮脂、角質などは油分となりますので、水洗いでは、なかなか落とすことが出来ません。

 

 

アトピー肌の場合、この汚れを取り除き、綺麗にしておくことが重要となるため、油分に馴染みやすい界面活性剤が良いように感じてしまいますが、洗浄力が強すぎてしまうため、余分な皮脂までも落としきってしまうようになります。

 

 

お肌というのは、皮脂によって守られていますので、ある程度の、皮脂は絶対に必要となります。この皮脂を界面活性剤入りの洗顔料にて、きれいに洗い流してしまうと、肌トラブルを引き起こすだけではなく、不足した皮脂を補おうと、肌が、更なる皮脂を分泌させようとします。

 

 

これでは、洗顔をした意味がなくなってしまいますし、皮脂でギトギト、ベタベタになったお肌になってしまう可能性もあるんです。

 

 

アトピー肌の場合、しっかりと保湿することも大切となりますので、出来るだけ、必要な皮脂は残す、余分な皮脂、汚れ、メイクの詰まりは落とすといった洗顔、その後の保湿が重要です。

 

 

界面活性剤は、石油を原料とした成分になるため、角質層に入り込めば、お肌の細胞に悪い影響を与え、バリア機能を破壊することになりかねません。

 

 

アトピー肌の人にとって、バリア機能が更に弱まるということは、アトピーを更に引き起こす、肌トラブルの原因ともなってしまいますので、自然成分を使った優しい固形石鹸を使いながらのケアが得策です。

 

 

⇒自然成分の洗顔石鹸を実際に使ってみました。