顎 赤み 洗顔

頬の赤みが気になっている方へ

■顎は刺激を受けやすい部位

 

なんとなく肌全体が乾燥していて、特に顎がかゆかったり、赤みが気になるという場合には、普段のスキンケアが間違っているだけでなく、普段何気なくしているクセが、顎に刺激を与えていることが考えられます。

 

肌が乾燥するとバリア機能が低下するため、刺激を受けやすい部分からトラブルをおこしてしまいます。

 

特に顎は指で触れたり、食事や会話の際に筋肉をよく動かす場所なので、乾燥しやすい部位でもあります。また、もともと皮脂分泌がそれほど活発ではない場所なので、間違ったスキンケアでいち早く乾燥が気になる場所でもあります。

 

■顎の赤みには原因がある

 

顎だけが赤くなっている場合には、肘をつくクセや、手で顎に触れるクセなどがないかチェックしてみてください。

 

手で何気なく触れるだけでも、バリア機能が低下している肌にとっては大きな刺激ですし、トラブルの原因となります。まずは、そうしたクセを意識して改善し、できるだけ刺激を与えないようにしましょう。

 

■洗顔石鹸の選び方

 

顎の赤みが気になるということは、肌のバリア機能が低下しているということなので、洗顔石鹸を選ぶ際にはできるだけ低刺激タイプや無添加タイプのものを選びましょう。

 

わずかな配合成分や化学成分によって肌が刺激を受けてアレルギー反応を起こしてしまうこともあるので、どんな成分が入っているかはとても大切です。

 

また、ゴシゴシこする洗顔では肌トラブルが悪化してしまうだけですから、できるだけ泡洗顔を心がけて、肌に刺激や負担をかけることなく毛穴の汚れを除去できる洗顔をしましょう。

 

頬の赤みを優しく洗顔|敏感肌向け洗顔石鹸ランキングはコチラ