まぶた 赤み かゆい

まぶたの赤みがかゆい方へ

■まぶたはとてもデリケート

 

まぶたはもともと皮膚が薄く皮脂分泌も活発ではないため、皮膚は乾燥しやすくなってします。

 

また、アイメイクや目をこすったりなどの仕草によって刺激や摩擦を受けやすく、空気が乾燥して肌全体が乾燥する季節になると、どうしてもバリア機能が低下してトラブルを起こしやすくなります。

 

まぶたのトラブルには、赤みやかゆいなどの症状がでたり、メイクを落としたり洗顔する際にヒリヒリするなどの症状が起こりやすいようです。これらの症状肌への刺激が原因なので、改善するためには根本的に原因を取り除く必要があります。

 

■洗顔石鹸の選び方

 

まぶたは皮脂分泌がそれほど活発ではないので、アイメイクをしない時には洗顔石鹸を使わなくても毛穴に皮脂などが詰まることは少ないものです。

 

しかし、アイメイクをするとメイク成分が毛穴に詰まってトラブルを起こすこともあるので、メイククレンジングの後には洗顔石鹸を使ってきちんと汚れを落とすことが必要です。

 

洗顔石鹸を選ぶ際には、こすらなくても汚れをサッと落とすことができるものを選んだり、泡立ちが良くさっと毛穴の中に入り込んで汚れを除去できるものを選びましょう。

 

■メイクをお休みすることも必要

 

目力アップするためにはアイメイクは必要不可欠ですが、まぶたが肌荒れしている場合には、アイメイクを続けることで肌へ刺激を与え続けることになり、トラブルを改善しにくくなってしまいます。

 

そのため、外出しない時にはメイクをお休みしたりして、肌を休めてあげる日を作ってあげることも大切です。また、市販のシートマスクなどを使って、乾燥しやすい目元を集中的に保湿してあげるのも効果的です。

 

まぶたの赤みがかゆい方へ|敏感肌向け洗顔石鹸はコチラ