花粉症 肌荒れ

花粉症で肌荒れを起こして困っている方へ

■花粉症と肌荒れの関係

 

花粉症は、花粉と言う成分が肌や粘膜に付着することによってアレルギー反応を起こすという症状です。

 

粘膜部分はバリア機能がないので、こうした症状が起こりやすいのですが、現代人は肌が弱くなっているため、本来ならバリア機能で守られているはずの肌にも花粉が付着することによって花粉症のアレルギー症状が出ることがあります。

 

これはバリア機能が低下することによって起こる症状で、普段から乾燥肌や敏感肌の人ほど、アレルギー症状を起こしやすくなります。

 

■花粉症の症状

 

肌に花粉が付着すると、バリア機能が低下している肌は花粉を異物とみなして攻撃します。

 

この時に、肌がかゆくなったりブツブツができたりすることが多く、赤みが出たり、痒いからボリボリ掻いてしまうために肌が炎症を起こしたり、様々な肌トラブルを引き起こす原因にもなります。

 

■肌荒れ改善の対策とは

 

花粉症による肌荒れを改善するためには、肌のバリア機能を改善することが必要不可欠です。

 

アレルギー成分に負けない強い健康な肌へと近づけば、かゆみや赤みなどのトラブルもおこりにくくなります。肌のバリア機能は乾燥すると悪化して保湿することによって改善できるので、普段のスキンケアはとにかく保湿重視にすると良いでしょう。

 

乾燥がひどい場合には、市販のシートマスクなどを利用して集中的な保湿ケアをすることも効果的です。また、洗顔石鹸はできるだけ刺激が少ないタイプや無添加タイプなどを選ぶのもおすすめです。

 

肌荒れでも肌を傷めない洗顔石鹸はコチラ