頬の皮めくれる 洗顔

乾燥性敏感肌にお悩みの方へ

■乾燥肌・インナードライ肌・オイリー肌の違いとは?

 

自分の肌質を知るには、洗顔後の状態を見るのが1番の方法です。

 

洗顔後、化粧水を付ける前のお肌に突っ張りを感じるようであれば、乾燥肌、ベタつくけれど、突っ張るような感じがある場合はインナードライ肌、洗顔後なのにも関わらず、皮脂をたくさん感じるようであれば、オイリー肌となります。

 

健康なお肌である場合、はじめは少し突っ張るような感覚があるものの、徐々にその突っ張りが取れてなくなってくるものですから、このようにして、判別をしてみてください。

 

その時、頬の皮がむける、白い粉が出るようであれば乾燥肌かと思います。洗顔によって皮脂が除去されたことによる、お肌の突っ張りも感じるのではないでしょうか?

 

そんな乾燥肌の人は、水分・油分の両方が不足した状態です。セラミド不足のお肌は、角質層のバリア機能を低下させてしまいますので、乾燥性敏感肌になっている方も多いでしょう。

 

このような状態が続くと、次第に頬の皮などもめくれやすくなり、今まで使っていた洗顔料でも、場所によっては、ヒリヒリといった、しみる感じを覚えるようになります。

 

乾燥肌の方向け保湿洗顔石鹸ランキング

 

■角質層のバリア機能を向上させるような洗顔料を

 

乾燥性敏感肌というと、目先が保湿へ行ってしまう人も多いのですが、今の状態のお肌というのは、保湿化粧品などをお肌の内部に届ける力、また、それを維持する力が非常に弱い状態だと言えますので、まずは、洗顔料の見直しを行い、角質層のバリア機能をアップさせてあげることが大切です。

 

また、バリア機能を向上させることが出来れば、化粧水の浸透力や、それを受け取ったお肌の水分保持力を高めることとイコールとなりますので、次第に乾燥性敏感肌は解消されていくと思います。

 

特に頬の皮がむけているという人は、洗顔料を使った時に、その場所へ摩擦が起こらないよう、優しく洗い流すようにしてください。

 

乾燥と敏感肌の両方に対応する、理想の洗顔石鹸を以下のページでご紹介していますので、よかったら参考にしてみてくださいね。

 

肌を潤す理想の洗顔石鹸はこちら