乾燥肌 朝洗顔 仕方

乾燥肌の朝洗顔の仕方について

洗顔は、皮脂を除去することを目的とするものになるため、
皮脂のとりすぎは、逆効果であることが良く、テレビなどでも取り上げられいますが、
実は、これは誤りであり、正しくは皮脂を除去することというよりも、
セラミドなどの水分が不足することが、乾燥肌の原因とされています。

 

 

また、乾燥イコールしわを連想する人も多いようですが、
乾燥としわは、また別のものとなりますので、ケア方法は同じではありません。

 

 

こういったことにより、皮脂は取り過ぎないほうが良いという意識から、
朝の洗顔は水洗いでも大丈夫なんて事が言われています。

 

 

しかし、これはお肌に汚れを残したままの状態で日中過ごすことになり、
お肌の老化、ニキビなどの肌トラブルの原因にもなってしまいます。

 

 

■朝洗顔は、水洗いではいけない理由について

 

 

朝も、洗顔料を使わなければいけない理由は他にもあります。
お肌に皮脂を残したままということは、肌の表面に油膜があることと一緒です。

 

 

この状態では、基礎化粧品の効果を半減させてしまうので、
水洗い後、化粧水などを付けても、油膜があるために浸透させることが出来ず、
日中、乾燥を感じるようになります。

 

 

更に女性の場合は、その後、お化粧をすると思いますが、
当然、水洗い後のお肌への化粧は、ノリが悪くなりメイク崩れの原因にもなります。

 

 

皮脂が綺麗に落とせていないと、ファンデーションで隠す部分というのも多くなり、
ついつい、厚塗りになってしまうなど、悪循環となってしまいますので、
朝の洗顔もしっかりと、洗顔料を使ってケアして頂ければとおもいます。