洗顔後顔の皮がめくれる 対策

洗顔後に皮がめくれてしまう方へ

洗顔後のお肌の状態が気になる人は、とても多いです。

 

最初はお肌の突っ張りなどを感じる程度の乾燥だった人も、その後、乾燥肌に対するケアが正しく出来ていなければ、お肌の乾燥化はどんどん進みます。

 

その後は、白い粉が吹いているようなお肌になってしまったり、鼻や頬などの比較的、高い位置にある部分の顔の肌がめくれるような、落屑が起こることもあります。

 

こういった洗顔後のトラブルの原因は、乾燥肌です。

 

乾燥肌の原因自体は、生活習慣や、湿度、老化などさまざまな原因が重なりあって起こるものですが、顔の皮がめくれる原因の大部分は、洗顔にありますので、まずは、洗顔料を正しく選ぶことよりはじめてみましょう。

 

■顔の皮がめくれる、落屑のある方へお勧めの洗顔料

 

皮がめくれる、落屑がある、白い粉を吹く、そんな状態の肌の場合は、お肌のバリア機能が非常に弱くなっている時期だと言えますので、とにかくお肌に優しい物を選ぶ必要があります。

 

例えば、低刺激・天然成分由来のものなどがあります。洗顔料のタイプはさまざまありますが、泡洗顔が理想と言えます。

 

しかし、泡タイプの洗顔料は、洗浄力が強すぎてしまうこと、泡とするための発泡剤の使用などの問題がありますので、固形の石鹸を選ぶようにして、それを自分で泡立てて泡洗顔を行うのが理想です。

 

濃密でボリュームのある泡を作るには、泡立てネットが必要です。100円均一などでも簡単に手に入れることが出来ますので、是非、利用してみてください。

 

ネットに石鹸を入れ、こすり合わせるようにすると泡がどんどん出てきます。ぬるま湯を1〜2滴垂らしながら泡立てて行くと、大きな泡が出来ますので、その泡を使って、優しく洗顔を行なってください。

 

こういった洗顔を毎日行なっていけば、次第に皮がめくれることはなくなり、お肌のバリア機能も高めていくことが出来ますよ。

 

乾燥肌を優しく潤す洗顔石鹸はコチラ