泡立ちの良い 洗顔石鹸

泡立ちが良い石鹸で黒ずみを解消する

黒ずみを綺麗にするには、泡立ちの良い洗顔料を使うことが絶対条件です。
泡立ちの悪いものを使えば、どうしても指の腹で優しく洗っているつもりでも、
皮膚が擦れ摩擦が起きてしまいます。
お肌へのダメージは黒ずみの原因となりますので、指とお肌は、
極力触れることのないように、クッション性の高い泡で洗うことが大切です。

 

 

また、泡に汚れを吸着させながら落とすのがポイントとなります。
泡立ちの悪い洗顔料では、どうしても毛穴の奥に詰まった皮脂、角質、
ホコリや、メイクなどを落としきる事が出来ません。
これらも、黒ずみの原因となりますので、泡はとても大切であることが分かります。

 

 

その他にも、黒ずみを綺麗にする洗顔のポイントがありますので、
下記を参考にしてみてください。

 

 

■泡立ちの良い洗顔料を使った、黒ずみを綺麗にするポイント

 

 

・黒ずみのある場所より、泡を乗せていくようなイメージで洗います。
目元、口元などのお肌の薄い場所は最後に洗うようにして、
黒ずみの気になりやすい、鼻、おでこなどのTゾーンより洗うようにします。

 

 

・すすぎは、念入りに行うようにしてください。
洗顔料の残りは、毛穴に詰まる可能性があり、黒ずみの原因となります。

 

 

・洗顔後は、保湿をすることも大切ですが、タオルで拭く時も注意したい事があります。
それは、ゴシゴシと擦らないことです。折角泡立ちの良い洗顔料で、
摩擦なく洗えたのですから、お肌にダメージのかからないように、
タオルに水を含ませるように拭きます。

 

 

・最後は洗顔料の選び方です。
泡立ちの良い洗顔料といってもさまざまありますが、適度に皮脂を落とす
固形石鹸が1番良いでしょう。尚、化学成分など余分な成分を、
含まないものを使うようにしてください。