ニキビ肌にいい洗顔料

ニキビ肌にいい洗顔料はコレ

ニキビ肌なのに、カサカサしているような気がするという方は、インナードライ肌である可能性が高いと言えます。

 

 

インナードライ肌というのは、表面は脂性肌であり、中は乾燥肌という、ケアをするには、ちょっと厄介であり、肌トラブルを起こしやすい肌質だと言えます。

 

 

多くの人は、顔の表面ばかりを気にすることが多いため、脂性肌のケアばかりをしようとします。

 

 

皮脂のベタベタを抑えるような洗顔料、さっぱりタイプの化粧水、保湿は出来るだけしない、あぶらとり紙などで油分をオフする…こういったケアは、全て、間違ったケアの方法になります。

 

 

■インナードライ肌、ニキビ肌にいい洗顔料とは?

 

 

カサカサなインナードライ肌である場合は、非常にお肌に状態が悪いと言えるため、ニキビ肌にもなりやすいと言えます。

 

 

こういった話をすると、上記のような皮脂を抑えるケアをしがちですが、実際のところ、皮脂が分泌されている原因は、お肌内部の乾燥となるので、乾燥肌と同様のケアをしていかなければ、治すことは出来ません。

 

 

そこで重要となるのが、洗顔料ですが、乾燥肌の人に良いとされているのは、洗浄力が高すぎない、固形石鹸を使った洗顔となります。

 

 

お肌の突っ張りを感じにくい程度の優しい洗いあがりとなりますので、インナードライ肌であるあなたにとっては、少々綺麗に洗えた感じというのが、薄いかも知れませんが、こういったケアがニキビ肌を治すポイントとなります。

 

 

勿論、洗顔料を使った後はたっぷりと保湿をしてあげてください。乾燥していると、乾燥を補うための皮脂が過剰に分泌されるようになるため、固形石鹸+保湿のダブルのケアで、ニキビ肌、カサカサ肌を解消していきましょう。

 

 

ニキビ肌を改善する洗顔石鹸を以下のページでご紹介していますので、参考にしてみてください。

 

 

⇒ニキビ肌を改善する洗顔石鹸