ニキビ 乾燥肌 洗顔

ニキビと乾燥肌|洗顔の仕方とは

私たちのお肌には、肌質というものがあり、それに合わせた基礎化粧品などを
ドラッグストアなどで良く見かけます。

 

 

通常であれば、ニキビの出来やすいお肌であることをオイリー肌や、
脂性肌、乾燥していてカサカサしている、洗顔後の突っ張りのある方を
乾燥肌といっていますが、その両方を感じる人というのは、
どのような肌質に属するのでしょうか?

 

 

その答えは、インナードライ肌です。
名前の通り、中は乾燥している肌であり、外は皮脂の分泌が多く、
外見は、脂性肌である人のことです。

 

 

インナードライ肌の改善はなかなか難しいとも言われていますが、
ニキビを治すのも、カサカサや、お肌の突っ張りを治すのも、
インナードライ肌の改善によって出来ることとなりますので、
しっかりとしたケアを、毎日習慣付けて行きましょう。

 

 

■ニキビと乾燥肌に合った洗顔とは?

 

 

脂性肌、ニキビ肌向けの商品はたくさんあります。
また、乾燥肌向けの商品というのも、たくさん出ていますよね。
では、インナードライ肌の人は、どちらの商品を使えば良いか分かりますか?

 

 

答えは、乾燥肌の人向けの商品です。
何故かというと、顔に過剰に分泌される皮脂というのは、
お肌が乾燥していて、それを補おうと出ているものだからです。

 

 

つまり、お肌の内部にたっぷりと水分の保持力、吸水力がある場合は、
皮脂は過剰に分泌されないようになるんです。

 

 

お肌の吸水力、保持力を高めるには、洗顔が重要です。
インナードライ肌であるあなたのお肌は、極めて悪い状態にあると言えるので、
まずは、洗顔、保湿など基本的なケアを進めて行き、お肌の保持力と、
吸水力を高めていく肌作りが必要です。

 

 

洗顔料は、洗浄力の高すぎない固形石鹸などを使うようにして、
お肌の内部より、改善出来る商品を選んでください。